軽くて涼しい天然石の屋根「クールーフ工法」


屋根部の熱を自然風で強制換気し、従来の屋根以上の涼しさを実現しました。
真夏日でも屋根裏と2階の温度差が1℃程度と、快適な住環境に。

1、屋根裏部屋が暑くない
屋根部の熱を自然の風力で自然換気することで、従来の屋根以上の涼しさを実現。
2、石だけれども軽い
広い面積の石を、独自の引っ掛け工法で葺くので、重ねしろが少なく、現在普及している平瓦に比べ、約30%も軽く葺くことができます。
そのため屋根が重くならないので、地震時の揺れ等に対しても、構造躯体に負担がかかりません。
3、環境・エコロジー・健康
天然石ですので生産は無公害。アスベストなどの飛散物質も全くなく、生産にあたって二酸化炭素を排出しません。また、引っ掛けなので石に傷を付けることなく、再利用が簡単にできます。

※天然石の屋根について、詳しくはこちら

サッシ周りの防水を開発「サッシ用水切り」

 
従来の防水(防水テープで止水)では、いずれ劣化し窓周りから雨漏りを起こします。
サッシ周りから侵入する水を外へ排出する「サッシ用水切り」をYKKapと共同開発、特許を取得しました。