体に優しい材料は、ランニングコストもお得

体に優しい材料を追求したら建築費用が高くなるのでは?と思う方も多いはず。実際に見積もりを出してもらうと「驚くほど高くなかった」という声はよく聞きますが、それでもこだわった分だけ割高になるのは確かです。
そこで考えてほしいのが「ランニングコスト」です。家は建てて終わりではありません。何十年と住み続けていく間に経年劣化した部分のメンテナンスが必要になります。


無添加住宅で使用する体に優しい自然素材は、耐久性が強く、化学的に作られた材料よりも長持ちします。
また、専門業者に頼らずにご自身でお手入れができるので、メンテナンス費用を抑える事もできます。自然素材でできた家はトータルで見ると金額を抑えられ、メンテナンス費用がかかる心配もありません。 また、年月が経つに連れて現れる自然素材の変化は、「劣化」ではなく「味わい」や「深み」になります。経年美化を楽しむことができるのも自然素材の魅力です。
また外壁にしっくいを使うことで、外壁面の温度の上昇を抑えることができます。内壁にしっくいを使えば、暖房時の赤外線の反射で冬は暖かく、夏場のエアコンの効率も上がり省エネ効果も大きいのです。

 

長期優良住宅と無添加住宅、メンテナンス費用の差は?

現代の工業化製品で造る住宅は、定期的に点検をしても10年程度でメンテナンスが必要になり、100万円単位の費用がかかります。
メンテナンスを怠るとより損傷が進み、修繕に1,000万円以上かかったケースも。無添加住宅は、これらのメンテナンス費用を大きく抑えられます。
くわしくはこちら