自然素材は、肌にふれるすべてがここち良い

無添加住宅は、食べられるほど安全な「自然素材」だけで出来た家です。
有害な化学物質は使いません。「新築特有の鼻にツンとくる嫌な臭い」は一切ありません。澄み切った空気を思い切り吸い込んでください。
自然素材でできた住まいは赤ちゃんが舐めても心配いりません。
肌にふれるすべてが心地良い、「家族の健康」を追及した住まいが無添加住宅です。
無添加住宅で使用する自然素材を、ご紹介いたします。


自然素材:漆喰(しっくい) -外壁・内壁-


現代の住宅の多くは、化学物質で出来た壁紙(クロス)を化学接着剤で貼りますが、敏感な人は皮膚や呼吸器に悪影響が及びます。
無添加漆喰は、人体に無害な自然素材です。調湿性や断熱性を持ち、快適な室内環境を作ります。有害物質を吸着・分解する性能もあります。

無添加素材のすすめ 漆喰の特徴
調湿効果
微細な多孔質の素材であるため、優れた吸湿・放湿性があります。空間の湿度を適度に調節し(結露防止)、建物の耐久性を維持します。また、夏は湿気を吸い込み、冬には湿気を放出し、居心地の良い室内環境をつくります。


燃えない
ほとんど無機の不燃性の素材で構成された防火材です。化学建材のようにダイオキシンなどの有害ガスが発生することもありません。昔の城や蔵が漆喰で塗られていたのも、漆喰が火に強いからなのです。


有害な化学物質を吸着・分解
シックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)を吸着し分解します。


カビが繁殖しない
漆喰は強アルカリ性のため、有機物を分解する殺菌機能があります。細菌の生育・増殖を抑え、カビやダニの発生を防止します。鳥インフルエンザの際に菌のためにまかれたのも、漆喰と同じ石灰です。


防汚・消臭効果
漆喰の成分の炭酸カルシウムは静電気を溜ない安定した物質といわれています。その為、ほこり等が付きにくいので、汚れずその白さを長期に保てます。また、老人ホームの汚物処理室を漆喰壁にしたところ、汚れが付きにくく、臭いもほとんどしないと言う報告を受けております。


長寿命
漆喰は、CO2を吸収しながらより固くなり、100年もの長い時間をかけて元の石灰に戻っていきます。 クロス(壁紙)は、建てた瞬間から劣化が始まりますが、漆喰は劣化ではなく美化していきます。
また、汚れ・欠けが生じてもご自身で修繕できるため、メンテ費用を抑えられるというメリットも。

 


自然素材:米のり、にかわ -接着剤-


米のりは建具や家具の接着剤として、奈良時代の頃から使われてきました。耐久年数は300年と言われています。
動物の骨や皮から作られるにかわも、木や竹を貼り合わせる糊として使われてきました。
化学接着剤よりも長寿命で、体に優しい接着剤を使い、安全な住まいを造ります。


自然素材:柿渋 -防腐・防蟻・塗料-


渋柿に含まれるタンニンは、天然の防腐剤です。昔から鳥居や投網の防腐に使われてきました。
その色合いは、防腐効果だけでなく塗料としても魅力的です。太陽の光を浴びるうちに、徐々に味わいのある深い色味に変化していきます。
自然の力で住まいを守ります。


自然素材:無垢材(むくざい) -床材・内装-


現代の床材は、価格の安い輸入木材や殺虫剤・化学接着剤を多量に使うものがほとんどです。
無添加住宅の無垢材は、本物の天然の木です。
夏はひんやり涼しく、冬はじんわり温かい。人の生活に寄り添う「生きている」木材を使います。優しい質感と味わいを感じてください。


自然素材:炭化コルク(たんかコルク) -断熱材-


コルクはワインボトルの栓に使われるように、湿度や温度に適応する素材です。炭化コルクはヨーロッパで潜水艦の断熱材に使われてきました。
高い断熱性能と調湿作用、防臭効果を持っています。木を伐採せずに作れるため、地球環境にも人体にも優しい自然素材です。

無添加素材のすすめ 漆喰の特徴
一般的なサイディング壁は表面を塗装しているため、わずが10年で補修が必要になります。 サッシ周りや壁の継ぎ目から水が侵入し、構造材が腐りだすので、短期間でのメンテ・補修が必要です。
炭化コルクの壁は、腐敗しない、空気を浄化、吸放湿により結露の発生を抑制します。天然素材だけで高い断熱力を実現、化学接着剤不使用(安全)、短期のメンテ補修不要など、様々な「良いこと」を暮らしにもたらす、長寿命の壁なのです。
一般的なサイディング壁は表面を塗装しているため、わずが10年で補修が必要になります。 サッシ周りや壁の継ぎ目から水が侵入し、構造材が腐りだすので、短期間でのメンテ・補修が必要です。炭化コルクの壁は、腐敗しない、空気を浄化、吸放湿により結露の発生を抑制します。天然素材だけで高い断熱力を実現、化学接着剤不使用(安全)、短期のメンテ補修不要など、様々な「良いこと」を暮らしにもたらす、長寿命の壁なのです。 漆喰(しっくい)は、化学接着剤を使用しない、安全な塗り壁材です。炭化コルクの上からしっくいを塗り、外壁を造っていきます。
漆喰は、火災や湿気から大切なものを守るため、蔵や城の壁に使われてきました。
燃えにくく有毒な成分が発生しない素材なので、万が一の火災にも安心です。 漆喰の結晶が陽射しを反射、炭化コルクが断熱し、夏日でも快適な室内を造ります。 年月が経つほどに耐久性が増していくので、メンテ費用を抑えられるのも魅力です。 有害物質を吸着・分解する空気浄化性能があるので、内装にもおすすめの素材です。

自然素材:天然石 -屋根・外壁・内壁-


現在主流の屋根材(人工スレート)は、セメントと石綿でできた体に良いとはいえない素材です。
天然石は自然な美しさと耐久性を備え、地球環境にも優しい素材です。
和瓦よりも軽く、夏場でも涼しい住環境を造る天然石を、屋根材に使います。※特許取得のオリジナル工法で造ります