相続とは、人が亡くなったときに、その遺産を一定の血縁関係にある人が引き継ぐこと。
どの家庭にもいつか必ず起きるものです。
高齢人口の増加にともなって相続の発生件数は増えており、それと比例するように相続におけるトラブルも増えています。
なかでも多いのは、不動産資産をめぐったトラブルです。

 

実は、日本の家計が保有している資産のうち、およそ7割は
不動産資産。資産を引き継ぐ相続の話となると、不動産のことを
避けては通れません。
また、「相続なんてお金持ちの問題でしょ?うちは関係ない…」
そんな風に思っている方もいるかもしれませんが、それは違います。
遺産分割で裁判になった人たちの例を見ると、
およそ4分の3の人たちは、5,000万円以下の資産をめぐって争っています。
数億円の資産家の家族が争う…というものではありません。

 

なぜそういう人たちがもめるのか。
それは不動産の絡む相続で、きちんと準備をしていないから。
そして、生前のうちにもめないための対策について
相談できる先がないからなのです。
税理士にお願いするほどお金を持っているわけではない。
弁護士に相談するほど、今もめているわけではない。
そうして準備をしなかった人たちが、家族の資産を引き継ぐ相

 

遺された資産をめぐってご家族がもめるのは想像したくないものです。
例えばアパートをどう引き継ぐのがいいか。ご家族の状況やお持ちの資産内容、
そのアパートの状態等によって起こりうるトラブルは異なります。
不動産と相続のプロが、トラブルの芽を摘み取るための選択肢をご案内いたします。
相続の悩みはお金や不動産に関するものばかりとは限りません。
不安に思うことがあったらまず相談にお越しください。
人目を気にする必要もなく、ご希望の日時で対応します。
 
 
「不動産相続の相談窓口」では、
定期的に相続勉強会を開催しています。
相続についての基礎知識や準備しておくべきことを、
実際の事例も交えながらわかりやすくお伝えします。